VALUQUE BLOG V+U - ここにしかない価値があるで“Googleサーチウィキ”タグの付いているブログ記事

今日(09/05/06)、Googleで検索していると見慣れないマークが。

090506_1.JPGカーソルを合わせて操作しようとしているとGoogleからの説明が表示され、「Googleサーチウィキ」というサービスであり、検索順位をカスタマイズしたり、サイトについてのコメントを投稿できるとのことです。


試しに、「Googleサーチウィキ」で検索して10位だったサイトの順位を上げてみました。

090506_2.jpg
緑色になっている↑マークをクリックすると、10位だったサイトがギューンと上に移動して、1位の場所に。

090506_3.jpgURLの下にはGoogleサーチウィキユーザーのサイトの移動状況が表示されています。


次にコメントを試してみました。
コメントはどこから入力できるんだろう?と探しましたが、この吹き出しマークでした。

090506_4.jpg
吹き出しマークをクリックすると入力フォームが出現。

090506_5.JPG
コメントを投稿してみました。

090506_6.JPG投稿者の名前のところにGmailで登録しているアカウント名が表示されたので、キャプチャではマスク処理。


名前が出てしまうので、急いでコメントの削除を試します。
編集から進むと...、削除できました。

090506_7.JPG
続いて、順位を上げたサイトを元に戻しました。
「↓」のマークが元に戻すボタンでした。
ただ元に戻っただけなので、キャプチャは省略。


次はサイトを検索結果から削除しました。
「×」マークをクリックします。ぼわんと煙のアニメーションとともに検索結果から消えました。Googleから「消したサイトは検索結果の一番下で確認できます。」とのメッセージが数秒表示されました。
検索結果の下を確認すると、消したサイトがありました。

090506_8.JPG「元に戻す」をクリックしたらギューンと元の位置に戻りました。


以上、実際の使った見たところの解説でした。
以下、感想です。

1)SEOに影響があるかもしれない
SEOを施しても、ユーザーが個別で順位を下げたり、他のサイトの順位を上げたり、ましてやサイトを表示しないボタンを押す、ということがもし一般的になったらSEOは大きな影響を受けることになります。
(それが狙いかもしれませんね)

2)コメント機能は悪用されないか?
コメントは1つのサイトに対して1つGoogleのアカウントで1回しか投稿できないようだが、複数アカウントなどで悪用される可能性は考えられます。Googleはどんな対策を用意しているのでしょうかね。

3)どらくらいのユーザーが使うのだろうか?
検索結果を自分でカスタマイズする機能を与えられたわけですが、ユーザーにとっては新しい概念なのでどれくらい受け入れられるか注目です。簡単に触った程度ですが、1つ1つの検索結果をカスタマイズするのは結構な手間だと思うので、ブラウザのブックマークに登録する方が簡単で便利なのではと思いました。


簡単ですが、以上でレポートを終わりますー。

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読すれば、“Googleサーチウィキ”というタグの付けられたブログ記事が公開されたときにすぐにアクセスできます。

購読する 購読する